妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【夫婦関係】24通目:特別な活動「夫婦での料理作り」

やすさとです。

 

私の住んでいる地方でも、緊急事態宣言やコロナウイルスの影響で大きな変化が出ています。

 

外出する人は目に見えて減りました。

 

私も人との接触を極力避け、必要なとき以外は自宅にいます。

 

妻は相変わらず優しく接してくれていますが、仕事をやめてから更に外に出る機会が減ったため、少しストレスを感じているようです。

 

そんな中、妻は私を一緒にできる「活動」に誘ってくれました。

 

今日は『料理』しているときに学んだことを分かち合いたいと思います。

 

 



妻への感謝のメッセージ 一緒にやれば嫌なことも楽しくなる



妻さんへ

 

今日も妻さんと一緒に居られたことを感謝しています。

 

仕事が無くなってお互いしんどいけれど

 

妻さんと一緒に居られることを祝福だと感じています。



妻さんは、今日私を初めて作る料理を一緒にやろう!と誘ってくれました。

 

初めて作ったミートパイ、美味しかったですね。

 

普段食べないものだったから、どうなるかと思ったけど、無事完成できましたね。

 

二人とも料理が苦手だから

 

一人で作るとき時々ストレスになるけど、

 

好きな人と一緒に作ると楽しいですね。

 

また一緒に作ろうね。

 

妻さんの料理する姿もやっぱり好きです。

 

愛しています。



夫より



一緒に何かする事の大切さ

 

実は、妻も私も料理は苦手です。

 

妻は自称苦手ですが、美味しいです。

 

私は、時々『食べられないレベルのもの』を作ることがあり、妻に

 

『食材に謝った方がいい』

 

と言われ、食材に謝ったことが何度かあります。

 

料理が下手な人間に共通することと言われていますが、私は

 

基本ができていないのに、料理中思いついた応用をしたくなる』人間です。

 

そのため、現在は主に妻の監視下でのみ料理をしています。(汗)

 

監視外の時の自作の料理は時々おかしな味になります。

 

そんな理由から、料理はあまり好きではないのですが、

 

大好きな妻と一緒に作るということで頑張りました。

 

不思議なものですね。

 

あまり得意ではないことも、好きな人となら楽しくできます

 

数日分の食材を調達することも、台所に立つことも

 

妻が喜ぶなら頑張ることができます。

 

そして、料理というものが『思ったほど嫌な作業ではない』と感じました。

 

好きな人となら、苦手なことも楽しくなると実感しました。




料理のマルチタスクを楽しむ

 

同時進行で、物事を進めることを『マルチタスク』と言うそうです。

 

私は時間に追われる(残り時間を計られる)ことや、タイムアタックというのが大の苦手です。

 

そのため、時々同時進行で物事を進め、時間の管理が必要な料理やお菓子作りは基本苦手です。

 

また、要らぬ性格(上記)も災いしてクッキー作りは成功率2割です。(10回中2回成功!)

 

ですが今回、妻と役割を分担し、会話しながら作業をそれぞれ行うことで、料理が思ったよりもスムーズに、楽しく行うことができました。

 

私が行ったのは、妻が指示を出してくれた内容のみだったのですが、

 

妻と一つの物を作り上げることの楽しさを改めて感じることが出来ました。



以前妻が働いている時は、私がひとりでなんとか作る日が多かったのですが、最近はずっと妻が頑張ってくれていました。

 

今日の経験から、反省して明日からも、できるだけ協力しようと思います。

 

普段家事を妻に任せているという方は、あまり料理をされないかもしれませんが、

 

もし家におられることが多い場合は、一緒に何かを作ってみてはいかがでしょうか?

 

意外と面白いですよ。



料理の苦手な人には優しく接してください。



私を含め、料理の苦手な人は共通しているかもしれませんが、基本料理をするときはあまり精神的にゆとりがありません

 

普段家事を手伝ったことがない方でしたら、なおさら手探りで少し緊張しているかもしれません。

 

一緒に料理をしたり、洗濯を手伝うとき、パートナーが慣れないことを頑張っておられたら、

 

どうか『あなたの経験値のものさし』でパートナーを量らないでください

 

頑張っている人に、『なんでそんなことができないの?』『下手』『そうじゃない』などの上から目線の言葉は禁物です。

 

それを口にした瞬間から、パートナーは今後手伝うのを止める恐れがあるので、気を付けてくださいね。

 

失敗しても、間違っていても、前向きな言葉で感謝を伝えて、助け合いながら楽しんでください。



パートナーに必要なものは3つのL

 

私が所属している教会の指導者が、次のような話をされました。

 

『パートナーに必要なのは3つのLです。それは、

LOVE (愛すること)
LIFT (相手をたてること)
LEARN (相手から学ぶこと)

です。これに反する要素が、パートナーの中に入るべきではありません。』

 (デビッド・F・エバンズ)



何か皆さまのお役に立てば幸いです。



読んでくださった皆様に祝福がありますように。感謝を込めて。



やすさと