妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【番外編】妻とすべての女性に贈る言葉

f:id:yasusato441:20200510213016g:plain

聖書


クリスチャンのやすさとです。

 

今日は母の日ですね。

 

私が読んでいる聖書の中に、女性を褒め称える言葉があります。

この聖書の言葉を、すべての女性に贈りたいと思います。

 

 

 

旧約聖書 箴言(しんげん)31章10節~31節*1

10 だれがかしこつまつけることができるか、彼女かのじょ宝石ほうせきよりもすぐれてたっとい。

11 そのおっとこころ彼女かのじょ信頼しんらいして、収益しゅうえきけることはない。
12 彼女かのじょきながらえているあいだ、そのおっとのためにいことをして、わるいことをしない。
13 彼女かのじょひつじ亜麻あまもとめて、ずからのぞみのように、それを仕上しあげる。
14 また商人しょうにんふねのように、とおくにから食糧しょくりょうはこんでくる。
15 彼女かのじょはまだよるのあけぬうちにきて、そのいえものものそなえ、そのおんなたちに日用にちようぶんあたえる。
16 彼女かのじょはたけをよくかんがえてそれをい、そのはたらきのをもって、ぶどうばたけをつくり、
17 ちからをもってこしおびし、そのうでつよくする。
18 彼女かのじょはその商品しょうひんのもうけのあるのをっている、そのともしびは終夜しゅうやえることがない。
19 彼女かのじょ糸取いととぼうにのべ、そのに、つむをち、
20 まずしいものひらき、とぼしいひとをさしのべる。
21 彼女かのじょはそのいえもののためにゆきおそれない、そのいえものはみなくれない着物きものているからである。
22 彼女かのじょ自分じぶんのためにうつくしいしとねをつくり、亜麻あまぬのむらさきぬのとをもってその着物きものとする。
23 そのおっとはその長老ちょうろうたちとともに、まちもんするので、ひとられている。
24 彼女かのじょ亜麻あまぬの着物きものをつくって、それをり、おびをつくって商人しょうにんわたす。
25 ちから気品きひんとは彼女かのじょ着物きものである、そしてのちわらっている。
26 彼女かのじょくちひらいて知恵ちえかたる、そのしたにはいつくしみのおしえがある。
27 彼女かのじょいえことをよくかえりみ、おこたりのかてをべることをしない。
28 そのらはがって彼女かのじょしゅくし、そのおっともまた彼女かのじょをほめたたえてう、
29 「りっぱにことをなしげるおんなおおいけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。
30 あでやかさはいつわりであり、うつくしさはつかのまである、しかししゅおそれるおんなはほめたたえられる。
31 そのはたらきの彼女かのじょあたえ、そのおこないのために彼女かのじょまちもんでほめたたえよ。
 
 

紀元前の女性と現代の女性

 
この聖書の言葉は、紀元前に書かれたものです。
 
しかし、女性のもつ賢さ、愛の働き、そして慈しみのある言葉は、昔も今も変わりません。
 
どんな環境下であっても、一生懸命生きている全ての女性たちは、皆気高く、美しいと思います。
 
私は独身・既婚問わず、全ての女性を心から尊敬します。
 
神様の祝福が全ての女性にありますように、心からお祈りしています。
 
 
やすさと

*1:日本聖書協会 聖書 口語訳より引用しています