妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【鍼灸】【番外編】推しの一着とワークマンの漢気店長。

こんにちは、やすさとです。

 

今週のお題「自慢の一着」を紹介したいと思います。

 

鍼灸師としての訪問着 

私は鍼灸師をしております。

 

でも、店舗は構えておりません。『出張専門』です。

 

鍼灸師というと、一般的には『ケーシー』と呼ばれるタイプの白衣を着ることが多くあります。

理学療法士のイラスト

(↑この白衣のタイプをケーシーと呼びます。)

 

出張専門の鍼灸師をするときに、第1の壁となるのが『ご近所の視線』だったりします。

田舎であればあるほど、『近所の監視』が頻繁にあります。

 

f:id:yasusato441:20200516200653p:plain

陰から窓から近所から

例えば、女性の患者さんの家に行く時は要注意です。

下手にラフな格好で訪問しようものなら、独身・既婚問わず

「あそこの奥さん(お嬢さん)、男を連れ込んでたわよ!」

なんて言われることが本当にあります

 

私は比較的若く見えるそうで、未だ30代前半に見られることがあります。

そのため、女性の患者さんを訪問するときは、どんな角度からでも必ず白衣が見える格好で訪問し、『○○鍼灸院の××です。お世話になります。』周りに聞こえるように挨拶します。

 

そうすることで、私も患者さんも、あらぬ疑いを回避することができます。

 

しかし、私の親以上の世代への訪問となると、少し変わってきます。

その世代になると、患者さんが3つのタイプに分かれます。

 

①白衣を好む(上記の理由から「白衣でお願いします」と言われる事もある)

②「服は何でもいいですよ」と言われる

白衣を見ると血圧が上がる(白衣を見ると緊張するタイプ)

おおよそこの3つに分けられます。

 

③を白衣高血圧や白衣症候群と呼ぶことがあります。

白衣を見ると緊張して血圧が上がるのです。

 

そのような患者さんを訪問するときは、白衣を避けて、落ち着いたTシャツなどを着て行きます。

 

そして、私が行きついたのがワークマンのトップスでした。

f:id:yasusato441:20200517004100j:plain

モデル:私 撮影:妻

これ、便利なんです。

 

作業を前提に作られているので、まず動きやすい

速乾性のため汗も早く乾きます

 


左肩にペンを挿すポケットが付いていて、ボールペンを入れておくことができます。

(肩を高く上げたりするとき、ボールペンがしっかり留められていないと抜けることもあります。)

f:id:yasusato441:20200517004218j:plain

ペンなどを入れるポケット

 

そして、左胸に斜めにつけられたファスナー付きポケット

左肩口から心臓方向に向けて傾いているので開けやすい!

閉める時、最初はコツが必要ですが、慣れれば楽に閉められます。

f:id:yasusato441:20200517004308j:plain

便利な角度のファスナー付きポケット

あとは、お洗濯しても、劣化しにくい感じがします。このシャツもう一年くらい着ていますがヤレた感じがしません。

そしてお値段も比較的安かった!(これも大きい)

 

一枚買って良かったので、すぐにもう一枚追加で買いました。

今ではすっかりワークマンのファンです。

 

 

漢気溢れる店長さんとの出会い

 

そんなわけでワークマンが好きな私ですが、

これからもここを使おう!」と思った経験があります。

 

それは、2018年7月に岡山県で水害が発生した時の事でした。

友人の自宅が被災し、2階の床ぎりぎりまで浸水しました。

 

自衛隊の救助によって、家族は全員避難できました。

しかし、建てたばかりの家は、3年間は住める見通しがたたないとの事でした。

 

私が住む土地は一部地域が被災したものの、私の家は無事だったため、ボランティアに参加することにしました。

インターネットに『被災地で必要』と書かれていた道具を買うために、最寄りのワークマンへ行った時の事です。

閉店1時間前ぐらいだったと思います。お客さんも少なく、必要なものをゆっくり捜せました。

防塵マスクやアームカバーなどを揃えて、レジに持って行きました。

男性の店長さんがレジに立っておられて、対応してくれました。

彼は、私たちがカゴに入れた商品を見て、「被災地に行かれるのですか?」と聞いてきました。

「はい。」と答えると、店長さんはどこからか軍手の束を持ってきて「こちらは差し上げます」と、私たちの袋に入れました。

そして『被災地をよろしくお願いします。』と頭を下げられたのです。

 

後日、私はその思いと軍手を持って、被災地へ向かうことができました。

 

あの時の店長さんの行動は、おそらく独断だったのではないかと思います。 

しかし、店長さんは、私達夫婦の間でカッコいい漢の中の漢です。

 

また、買いに行こう。