妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【夫婦関係】夫婦の愛の育て方『小さなことから大きなことが生じる』

こんにちは。やすさとです。

 

皆さんは、一目惚れをしたことがありますか?

 

その一目惚れをした人と、ハッピーエンドを迎えましたか?

 

私たち夫婦は、そんな一目惚れから生まれた夫婦・・・ではありません。

 

むしろ私が30代になり、数年ぶりに再会するまでは、妻に『めんどくさい人』と思われていたようです。

私も彼女と知り合った20代の頃は、結婚するようなイメージは全くありませんでした。初対面の印象は「真っ白なお人形みたいな人」プラス「ペンギンみたいな不思議な動きをする女の子」でした。

そんな私たちですが、色々あって結ばれることになり、喧嘩もなく仲良く生活しています。

 

しかし、私たちはなんの苦労もなく仲良くしているわけではありません。

愛を育てるために、気を付けていることもたくさんあります。

 

今回は私たちが実践している『愛の育て方』の一つをお伝えしたいと思います。

 

 

 

薪で沸かしたお湯は覚めにくく、瞬間湯沸し器のお湯は冷めやすい

 ドラム缶風呂のイラスト電気ポットのイラスト

先程、一目惚れの話をしました。

私も小学生の頃、一目惚れをしたことがあります。

初めて見た「沖縄からの転校生」の女の子だったと思います。

なんと言いますか、顔立ちが見たこと無い人種というか、スターウォーズの大ファンの子供の前に、突然ダース・ベイダーが現れたときのようなテンションというか、思わぬところでアイドルファンが推しメンに出会った時というか、とにかくビックリしたのを覚えています。

 

不思議なもので、一目惚れで好きになると、最初はその子の全てが良く見えてしまいます。悪いところは見えない、いわゆる「恋は盲目」状態です。

といっても、そのような状態は長くは続きません。

人間ですから、時間が経てば良いところも悪いところも見えてきます。

一目惚れから始まって、さらに魅力を発見し続けて「もっと好きになる」と、強い愛情に変わると思います。

しかし、一目惚れ時が「ピーク」だと、そのあとの大半が引き算になる恐れがあるので要注意です。

『さらに好きになる努力』『好きで居続ける努力』という薪で、じっくり熱した愛情と違って、瞬間的に沸騰した気持ちは、ガスや電気で一瞬で温めたお湯のように、何もしないとかなりの早さで冷めていきます

温めたお湯を維持するには熱が必要なように、愛情も熱を与え続けないと冷めていきます。

 

 

『小さなことから大きなことが生じる』

 聖書のイラスト

 

新約聖書に面白い言葉があるので紹介します。

ヤコブの手紙第3章(日本聖書協会 新約聖書 口語訳より)

4節:また船を見るがよい。船体が非常に大きく、また激しい風に吹きまくられても、ごく小さなかじ一つで、操縦者の思いのままに運転される。

5節:見よ、ごく小さな火でも、非常に大きな森を燃やすではないか。(一部抜粋)

これらの言葉は、二つともこの言葉に繋がります。

 

『And,out of small things proceedeth that which is great.』

(訳:そして、小さなことから大いなることが生じるのである)

(DOCTRINE AND COVENANTS 64:33 )

 

わかりやすく言えば「小さなことから大きなことが生じる」ということが書いてあります。

4節は「大きな船も小さなかじによって動く」。

5節は「マッチのような小さな火でも、大きな火事につながる」ということを示しています。

ツイッターの「炎上」とはまさにこの事ですね。小さな一言が、人生を変えるほどの問題に発展したりします。

 

こう読むと、これらの言葉は一見マイナスイメージが強く見えるかもしれませんが、決してそれだけではありません。

たった一回の人との出会いが、大きな人生の転換に繋がったり、短い一言が人の心を強く変えることもあります。

 

例えば、私が女性不振に陥っていた30代前半の頃、妻は当時の仕事場で精神的なイジメを受け、自分に自信を無くしていました。

そして、某SNSに「自分に何か良いところがあると思いますか?」と書き込みました。それを見た『友人』だった私は、彼女の善いところを思うままにコメントとして書きつづりました。

そのコメントがきっかけで、彼女は勇気付けられ、その後彼女からのアプローチで今の結婚に繋がったのです。

たった一回の励ましのメッセージが、私のその後の人生を大きく変える結果になりました。

 (☟詳しくはこちら)

www.lovetsuma.com

小さなことから大切に

私と妻は付き合うまでに約10年間友人でした。

そして、妻からデートの誘いがあったとき、私たちはまだ相思相愛どころか、「二人とも傷だらけ」でした。

そのため、私たちは遠距離だったこともあり、デートの前から電話をしてたくさんのことを話しました。

また、付き合う上での約束事も決めました。

それは、

・お互いのことや、お互いの家族の悪口を言わない。

・前向きな言葉をお互いに使う

・小さなことから「感謝」をする

など小さなことでした。

 

 しかし、これらの約束は

・失敗してもお互いを責めない

・非難するのではなく良いところを捜す

・互いへの尊敬の気持ちが強くなる

・改善点を前向きな言葉と一緒に伝えることができるようになる

などたくさんの大きな効果を生みました。

 

その結果、付き合いだしてから8年、一度も言い争ったことすらありません。

思いのすれ違いから傷ついたり、泣いてしまうことはあっても、意図的に傷つけるようなことにはなりませんでした。

小さな約束と、それを守るための努力の積み重ねが、夫婦の間に大きな祝福となって返ってきました。 

 

もちろん、逆もあり得ます。

小さな一言大きな心の傷となったり、小さな気のゆるみが大きな事故につながることがあるのは、皆さんもご存じだと思います。

 

だからこそ、愛する人に対しては、誰よりも大切にし、愛し、気を遣い、敬意を払う必要があります。

そのためには膨大なエネルギーを使うと思います。

しかし、その消費したエネルギー以上の祝福が返ってくると知っています。

 

この『小さなことから大きなことが生じる』は、あらゆる関係、あらゆる出来事に当てはまります。

子供の成長、人間関係、財産形成などもそうです。

 

記憶の片隅に、少しだけ置いていただけると、大切な瞬間に役立つ言葉になるかもしれません。

 

読んでくださった皆様の祝福を、心からお祈りしております。

感謝を込めて。

 

やすさと