妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【夫婦関係】『女性には優しく、暴力は振るうな』父の教えと模範から学んだこと。

こんにちは、やすさとです。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

私には70歳を過ぎた父が居ます。 

正義感が強く、曲がったことが大嫌いな人です。

おまけに子煩悩でフェミニスト

 

私が地上で最も尊敬する人です。

 

もちろん「機嫌が悪い時は何を言っても聞かない」「言い出したら意地でも曲げない」などの欠点もありますが、それを上回る素晴らしい父親です。

 

今回は、父から学んだ『異性(女性)に関する教え』をお話したいと思います。

 

 アドバイスが響く子供のイラスト

父の教え①女性と子供には優しくしろ

先程少し書きましたが、私の父は根っからのフェミニストです。

とにかく女性に優しく、それでいていつも男らしい人です。

決して女性にデレデレとしません。

 

そんな父が、私に何度も語った言葉が「女性と子供には優しくしろ」でした。

「なぜなのか」という具体的な理由は言いませんでした。

 

しかし、それを父は実践して私に示しました。

母のために時間と労力を犠牲にするのを見てきました。

父は母に尽くし、奉仕し、家族のために働き、子供をよく誉めました

 

私が子供の頃から、父が母を助けているのを見てきました。

そのため、私も「女性には優しくしなければならない」と学んで成長しました。

 

父の教え②女性には絶対に手を上げるな(暴力を振るうな)

DVという言葉を最近多く耳にしますが、父はこの言葉とは無縁でした。

母に暴力を振るったところなど、一度も見たことがありません。

 

両親の夫婦喧嘩はありました。理由は知りません。

しかし、それはあくまでも口論に止まるものでした。

 

父は「女性には絶対に暴力を振るうな!」と厳しく教えてきました。

そして「女の子は守ってやれ!」と、私と弟に武道を習わせました。

 

父は女性を大切にし、暴力を振るわず、言葉だけではなく模範でも私に教えました。

 

そんな父に、一度だけ顔を思い切り叩かれたことがあります。(グーではない)

それは、当時10代で反抗期だった私が、母親の悪口を言った時のことです。

 

バシッ!という激しい音と共に、顔が熱くなったのを覚えています。

父が初めて私に手をあげた瞬間でした。

「母さんの悪口を言うんじゃない!」

と非常に怒っていた父の顔を、今でも忘れることができません。

私はその時、「父は母のことを大切にしていた」と知りました。

 

この時以外、父が誰かに手をあげたのを見たことがありません。

 

子供の暴言から母を守った父の模範に感謝しています。

 

父の教えが私にもたらしたもの

父から教えられた

女性には優しくしろ

女性には暴力を振るうな

というこの二点は、私の人生で大きな意味を持ちました。

妻と付き合い始めてから、この意味が分かるようになりました。

 

父が示した『女性には優しく、暴力を振るわない』という模範を見て育ったので、私は結婚してから妻を大切にすることが容易にできました。

更に、クリスチャンとして福音(キリストの教え)を学び、実践する事によって『夫婦の間で一度も喧嘩がない関係』を築くことができました。

 

父はクリスチャンではありませんが、聖書にある『隣人を愛せよ』という言葉を、人生で示しました。

父はまず言葉で「やるべき事とやってはいけない事」だけ教え、自ら実践して模範で示し理由は自分で考えさせる」という素晴らしい父でした。

そのおかげで、妻を大切にする理由を考え、実践して知ることができたので、その教えが身に付きました。

 

もし、父の言葉と行動が一致していなかったら、私は何も学ばず、言うことも聞かなかったでしょう。

自分の言葉を実践してくれた父の模範に感謝しています。

そして、自分も父の様に妻を大切にする、立派な夫になりたいと思います。

 

 

やすさと