妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【番外編】今週のお題より『好きなお店』①妻とよく行くあの本屋

こんにちは。やすさとです。

 

 

今週のお題「好きなお店」を見つけたので、一回目は妻とよく行く店について書きたいと思います。

 

実は、二人ともインドアな性格なので本をよく読みます。

私達はクリスチャンなので聖書も読みます。が、漫画もたくさん読みます(笑)

立ち読みのイラスト

妻と私は立ち読みが好きなので、独身時代のデートでも、結婚してからも古本屋に足しげく通っています。通常の本屋ではほとんど立ち読みしません。

 

特に、お気に入りなのが『BOOKOFF』です。

 

今はコロナウイルスの影響で、私が訪れた一部の店舗で立ち読みが出来なくなっていましたが(ご遠慮くださいのパネルが出ています)、以前は立ち読みが自由でした。

コロナウイルス前は、月に最低でも1回、多い時は週1以上のペースで通っていました。

 

妻は古本屋に行く時、私にこう言います。

『夫ちゃん、古本は出会いだよ』と。

目を輝かせ古本屋に向かう姿は、さながら『獲物をしとめに行く狩人』の様です。

 

私は古本屋に行く時、読みたい本や買いたい物を決めて行くことが多いのですが、妻は「古本は出会い」と称する人なので気になったものを片っ端から読んでいきます。

そのため、店を訪れる時間が1時間を切ることはまずありえません。

 

長い日は4時間ほど夫婦でいたこともあります。(お店の方本当にすみません。)

 

漫画だけではなく医療関係、東洋医学関係、専門書から趣味の本まで探します。

そして、掘り出し物と出会えた時には、至上の喜びを感じます。

探していた本が100円になっていた時は本当に嬉しいです。

 

立ち読みが出来なくなってからも、私たちは変わらずBOOKOFFを訪れて、必要な本を探します。無かった時は早々に退散します。

 

早くコロナウイルスが終息して、再び立ち読みが出来る日を待ちたいと思います。

 

そして、いつか『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を全巻立ち読みする揃えるのが私の夢です。

 

 

やすさと