妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

父は私の理想像。誰よりも優しく、本当の修羅場を潜り抜けてきた真の『漢』

こんにちはやすさとです。

 

今日が父の日ということもあり、今週のお題「お父さん」について書かせていただきます。

 

父は、私の理想像です。

私は心から、父のようになりたいと思っています。

 

なぜなら、父は私より女性を大切にし、心配します。

私より、私の妻の心配をします(笑)

 

父は、定年するまで金融業界に身を置いていました。

お金やリース物件の回収に行くと、ヤ〇ザが待ち受けていて、事務所で囲まれた挙句、目の前の机にドス(小刀)を突き立てられたなんてこともザラにあるそうです。

そんな世界で40年以上、家族のために働いてくれていました。

まさに命がけです。

それなのに、本人は「全く怖くない。弁護士の先生とも仲良くなれた。」などとあっけらかんとしています。

その話をされた時、「この人には敵わないな」と思いました。

 

そんな父は、子供が大好きです。

孫が出来て「おじいちゃん」と呼ばれるのを、ずっと心待ちにしています。

父は、親戚の子供たちの面倒をよく見ているので、親戚からの信頼が厚く、子供たちにとてもなつかれています。

本当は、私たちに子供ができるのを、一番待ち望んでいてくれているのは父だと思います。

 

 

私達は結婚して2年後、初めて妊娠できました。

子供ができたと知った時、私も妻も喜びました。

超音波診断の機械で、赤ちゃんの心臓の音が聞こえた時、「私は父親になるんだ」と実感し、気持ちが高揚しました。

父にその報告をすると、父は「そうか!」と大喜びでした。

 

しかし、私が父親になることができたのは、わずかな間だけでした。

子供は数週間後に、稽留流産となり、その心臓の音は聞こえなくなりました。

医師に「心臓の音が止まっています」と言われた瞬間、全身の血が冷えるのを感じて、体の震えが止まらなくなりました。

その後、病院で妻が手術を受けました。

「お腹に赤ちゃん居なくなっちゃった・・・」

そう言ったあと、妻はボロボロ涙を流し、「うわあぁぁぁぁ・・・!!」と声をあげて泣きました。

私も妻を抱きしめ、歯を食いしばりながら泣きました。

これでもかというほど涙が出ました。

 

涙を出し尽くし、病院を出たあと、父にそのことを電話で伝えました。

父は「そうか・・・仕方ない。」と言った後、

「お前はしっかりしろ。お前がへこんでいたら、誰が妻さんを支えるんだ!今が本当に辛いのはよくわかる。でも、こんな時こそ、お前がしっかりしなくてどうするんだ。」

と励ましてくれました。

父も孫をずっと待ち続けていたので、本当に辛い気持ちだったはずです。

しかし、私の前では涙を流すこともなく、父親として毅然として強くあり、励ましてくれました。

 

父の模範と支え、そして励ましの言葉に感謝しています。

 

 

あれから3年以上経ちました。

子供を授かるという奇跡を、諦めてはいません...が...まだ恵まれてはいません。

今、私が子供にも注ぐはずだった愛情は、全て妻に注いでいます。

 

父は、そんな私たちのことを思って、あれから一度も子供のことは聞かないでいてくれます。

でも、毎日心から祈ってくれているのを知っています。

 

本当に優しく、強く、そして誰よりも子供たちの幸せを祈ってくれる人。

それが私の父親です。

 

私は、父のことを心から尊敬しています。

 

 

やすさと

 

追記

稽留流産のことは、思い出すと今でも本当に辛い経験なため、文が読みにくくなっていることをお許しください。