妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【黒歴史】第一次兄弟大戦。『女子高生はイケメンが大好き』編

こんにちは。中学生時代は、まさに中二病だったやすさとです。

 

今回は、私の中学生~高校生の時の経験談をお話したいと思います。

  

この経験は、私の誇りである「努力家イケメン」こと『弟(K氏)』が、私に対して、2度「イケメン一本勝ち」を決めた時のお話です。

 

これからの話はその一本目です。

 

笑っていただくか、同情していただけるかは読み手の皆様次第ですが、私の中では

「この経験があって、今の奥さんとの結婚がある」

と割り切っていますので、楽しんでいただければ幸いです。

 

とりあえず、これは私の黒歴史なので、文脈が暴走気味になると思います。

それでは、今回も宜しくお願いいたします。

(今日から新しいカテゴリー「黒歴史」を追加します。元カノの話は後程「黒歴史」に分けておきます。)

 

第一次兄弟大戦 第一幕「女子生徒からのラブレター編」

ラブレターを持つ女子学生のイラスト

中学3年生の頃です。

私はそれなりに、「モテ期」が来ていたように思います。

正直モテる顔というわけでもなかったと思いますが(性格は中二病)、一部の女子に好かれたことがありました。

当時はもちろん独り者で、「彼女」という響きに憧れていました。

後に「彼女」で恋が燃え上がるどころか大火傷するわけですが・・・(別記事参照)

 

受験を控えていた私のもとに、同じクラブの女子を通して、他校の女の子から「ラブレター」が届きました。

内容は割愛しますが、書いてあった言葉の中にこんな奇跡の言葉が。

 

「やすさと君に一目惚れしました。」

 

マジですかーーーっ!!一目惚れ!?

でもよく考えたらそうですよね?私は顔を知らないですから。

どうやらクラブでの合同練習の時に、私を見たそうです。

 ラブレターには他にも「会いたいです」というような言葉も。

 

はい、一瞬だけ舞い上がりました。

でも、それは数分で収まります。

正直嬉しかったです。

でも、怖かったのもあります。会ったこと無いし。

さらに受験を控えていた私は、受験に集中できなくなることも怖れました。

不器用な性格なので気持ちが整理できず、結局会うのはお断りしました。

 

しかし、その女の子の事は、中学を卒業しても覚えていました。

 

 

第二幕「女子高生はイケメンが大好き編」

恋愛のイラスト(学生)

そのラブレターから半年以上経った初夏のころ、

奇跡は起きました。

その女の子は私の高校を調べて、文化祭に遊びに来てくれていたようです。

どうやって調べたんだろうか…

 

しかし、当時の学校は生徒数1500人以上の男子校。

加えて私は一人で動く時、長時間一ヶ所に留まることをしません。

そのため、彼女は一瞬私を見かけたものの、すぐに見失ったそうです。

 

ではなぜ、この話を私が知っているか。

実は、当時のクラスメートが、ラブレターの女子高生とその友達をナンパしたのです。

それがご縁で、後にその子と会い、私の家に遊びに来ることになりました。

 

彼女の家は私の住んでいる駅から、JRで2駅以上離れていましたので、私の地元の駅に迎えに行きました。

やたらとテンションが高かったのを覚えています。

彼女が駅に着いたとき、緊張している彼女がとても可愛く見えました。

 

・・・この時は。

 

さて、JRの駅からバスで家の近くまで移動しました。

緊張していたので、バスの中で何を話したかは覚えていません。

ただ、楽しかった気がします。

そして、家に案内しました。

 

家族にも女の子が来ることは伝えてあったので、母が出迎えました。

彼女が母に挨拶した後、私の部屋に通しました。

4畳半の小さな和室。

隣の部屋は弟の部屋です。

 

弟は、きっとこう思ったのでしょう。

「兄ちゃんが初めて女の子を連れてきた!ここは弟として、失礼のないよう挨拶しておかねば!」

と。

 

隣の部屋のドアが開く音がして、弟が私の部屋のドアを開けました。

「こんにちは。初めまして。弟のKです。よろしくお願いします(^-^)」

さわやかで、丁寧な挨拶。ナイスだよ弟!

彼女は緊張していたのか少しビックリしたようにKを見て、挨拶を返していました。

「それじゃ、ごっゆっくり」

そう言って、弟がドアを閉め部屋に戻っていきました。

 

その直後でした。彼女から耳を疑う一言が。

「うわぁ!弟君の方がカッコイイ!!」

 

・・・え?

 

頭の中が一瞬真っ白になりました。

今、何とおっしゃられました?(混乱)

 

弟君の方がカッコイイ。そうおっしゃいましたよね?

たしか、貴女は「やすさと君に一目惚れしました」って書いていましたよね?

 

つまり・・・

 

 

ハイ!終わったーーーーーーーっ!!

 

 

その後、ショックのあまり何を話したのか覚えていません。

 

・帰りは歩いて駅まで送ったこと。

・ずっと何か横で言ってましたが、全然耳に入ってこなかったこと。

この二つだけはボンヤリと覚えています。

どうやって送ったのか?どうやって帰ったのかも覚えていません。

 

その後、彼女と二度と二人で会うことはありませんでした。

 

そして、若き日のやすさと氏はこう思いました。

 

 

やっぱり、女の子は美形が好きなんだなぁ・・・と。

 

 

<予告>

次回 第二次兄弟大戦 「卒業式の第2ボタン編」

 

あとがき

急に昔の事を思いだし、恥ずかしい黒歴史に終止符をうつために書きました。

妻もこの話はもちろん知っています。「書くんだ」って笑っていました。

弟は、若い頃から優しく努力家でイケメンでした。

今でも思いやりのあるナイスガイだと思います。

しかも背も高い。

そんなのが突然現れたら、彼女の反応も今ならわからんでも無いですが。

一目惚れしました(つまり顔だけ)という相手に対して「弟君の方がカッコイイ」はキツすぎます(笑)

 

男は基本プライドの生き物ですよ。

どんな顔でも、男は心の中で「自分はカッコイイ」と思ってるところがあるんですよ。

口に出さないけど!

 

だから女性の皆さんお願いです。

冗談でも、軽はずみでも「○○の方がカッコイイ」はやめてあげてください。

他の男と比較されるのめっちゃ凹みます

まして兄弟に負けるとか。

毎日顔会わせる度に思い出しますから(笑)

 

どうか、そう言うときは「弟君カッコイイね!」って言ってあげてください。

そうしたら、彼はきっと、「自分も」「大切な弟の事も」ほめてくれたあなたの事を、もっと好きになります。

 

読んでくださったあなたの恋は成就しますように祈っています。

 

やすさと