妻のことが大好きすぎる夫のブログ

昔極度の女性不信で、現在は妻のことが大好きな夫が、妻ともっと幸せなるためにプロの夫婦カウンセラーになりました。世界中のカップルが、今よりもっと仲良くなれるようにお手伝いしたいと思います。

【パートナーシップ】妻『私のキャパシティーを超えてる』

こんにちは。やすさとです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

皆さん、頑張りすぎて無理していませんか?

愛する人が努力しているのに、結果だけ見て責めたりしていませんか?

 

今回は、先日妻との会話に出てきた『妻の言葉』を紹介します。

できないこともある 

部屋を片付けられない男性のイラスト「散らかった部屋」部屋を片付けられない女性のイラスト「散らかった部屋」

先日、妻と二人で、それぞれ得意なこと、苦手なことについて話していました。

すると、こんな意見が出ました。(一部を紹介します)

夫(私)

得意なこと

  • 鍼灸やそのほかの手技で人の痛みをよくすること
  • 好きな事について努力すること
  • 奥さんを大切にすること

苦手なこと

  • 事務処理
  • 部屋の片付け
  • 道や地理を覚えること など。

 

妻さん

得意なこと

  • 人のために奉仕すること
  • 傾聴すること
  • 愛を示すこと  など。

苦手なこと

  • 部屋の片付け
  • 料理

 

という話が出たんです。

夫婦そろって『部屋の片づけが苦手』というのは大変です。

確かに片付かない日も多々あります。

でも、妻の『部屋の片付けが苦手』と言う言葉を聞いたときに、私は『あれ?』と思ったのです。

というのも、独身時代に妻の一人暮らしのアパートに行ったとき、散らかっていたのを全く見たことがなかったのです。

そして、この事象について話し合っていたとき、妻は何かにふと気づいたようにこう言いました。

『なるほど!結婚してから自分の管理してなかった物が増えすぎて、私のキャパシティーを超えてるんだ』と。

それを聞いたときに、何となく自分の中でも腑に落ちたものがありました。

 

話し合いを続けると、

妻:料理は昔からあまり得意ではなく、一人で献立を考えたりするのはストレスになる

私:経理関係の事務処理をするときは、本当にしんどい

など、互いの苦手なことが改めて理解できました。

 

人にはいろいろな才能、特質があります。

それは1000人いれば1000人全員が違うものです。

そしてその能力の大きさも、皆それぞれ違います。

『他人ができるからパートナーもできる』という思い込みは、いろいろな意味で『危険』な考え方です

 

私達はそれらの苦手なことに関して、夫婦で互いに助け合いながらなんとか乗り越えてきました。

相手ができないことに関して、悪口も言ったことはありません。

それは、こんな言葉をお互い学んでいるからです。

秩序正しく行うことが大切

モルモン書 モーサヤ書4章27節

27 ​これら​の​こと​は​すべて、賢明けんめい​に​ちつじょただしく​おこなう​よう​に​しなさい。

ひと​が​ぶん​の​ちからじょう​に​はやく​はしる​こと​は​ようきゅう​されて​は​いない​から​で​ある。

しかし​また、しょう​を​る​ため​に​勤勉きんべん​に​はげむ​の​は​ひつよう​な​こと​で​ある。

したがって、何事なにごと​も​ちつじょただしく​おこなう​よう​に​しなさい。

 

自分の持っている力以上に無理をすると、良い結果につながらないことがよくあります。

自分や愛する人が、喜びを得るために努力することは必要ですが、物事の道理を外れてまで無理をする必要はありません。

パートナーが無理をして、たとえ失敗しても、『責める』のではなく『愛を示す』ことが大切です。

キャパシティーを超えていると感じる部分は、相談して二人で助け合えば乗り越えることも可能なのです。

 

今回お伝えしたいこと

離婚問題などの大きな問題や、夫婦関係のトラブルも、このような『キャパシティーオーバー』からくる失敗を『叱責したり、悪口を言ったりする』ことがきっかけだったり、それらが積み重なって発生・発展することがあります。

 どうか、そうなる前に、

あなたの愛するパートナーが努力しているなら、失敗しても『責める』のではなく『大丈夫だよ』と愛を示しましょう。

 

一人で歩ませるのではなく、一緒に支えながら歩んでください。

 

キャパシティーを超え、パートナーの器からこぼれた水を受け止めるのは、地面ではなくあなたの器であるのが素敵だと思いませんか?

 

 愛するパートナーを大切に、

そしてここまで読んでくださった貴方も、どうかご自愛ください。

 

 読んでくださった皆様に、祝福がございますようお祈りしています。感謝を込めて。

 

やすさと