妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【11通目】ずっと一緒に歩こう

こんにちは。やすさとです。

 

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。


皆さんは好きな人と歩くときどんな気持ちがしますか?

隣に並んで、手を繋いで、腕を組んで、、、

もしかしたら、少し後ろを歩きたいっていう人もいるかもしれませんね。

私も妻とよく手を繋いで歩きます。

愛する人と手をつないで歩けるのは幸せなことですね。

 

今回は、一緒に歩く時感じたことについてのメッセージです。

それでは今日もよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------

 

妻さんへ

 

私はあなたと手を繋ぐのが好きです。

 

買い物をする時に少し私の前を歩いて、

そっと後ろに手を伸ばしてプラプラさせて

 

『繋いでいいよ』

ってアピールをするあなたが可愛いです。

 

手を繋いだら、嬉しそうに笑うあなたが好きです。

 

手からあなたの温もりが伝わるとき、

あなたを守りたいという気持ちが溢れます。

 

この間、仲良く手を繋いで歩いておられる白髪のご夫婦を見て

 

『将来あんな夫婦になりたいね』

って言ってましたね。

 

一緒に素敵なおじいちゃんとおばあちゃんになりましょうね。

 

これからも、私の手を離さないでくださいね。

 

私もずっと離さないからね。

 

愛してるよ。

 

 

夫より

------------------------------------------------------------------

 

妻とは、お付き合いしているころから手をつないで歩いています。

手をつないでいると、心もつながったような幸せを感じます。

また、危険な時には自分の方に引き寄せることもできます。

 

私の親世代では、あまり手をつないで歩いているのを見ることがありません。

しかし、奥様を大切にされているご夫婦を見る時、手をつないだり腕を組まれているのをよく見かけます。

こういう小さなスキンシップの積み重ねが、日々の生活の中で心を安定させる良い材料なのだと思います。

 

もちろん、手をつないでなくても、腕を組まなくても、パートナーを愛しておられる方々はおられます。

そして、その方々はそれぞれの形でパートナーを愛しておられます。

 

以前、鍼灸の施術のためにお伺いした家庭では、認知症になられたおじいさまがおられました。

何度もその方を施術したことがあるのですが、私の顔をお忘れのようで、

『ここで何をしてるんだ!』

と急にお怒りに。しかし、

『こんにちは○○さん。奥様の△△さんに呼ばれて施術のために来てるんですよ。』

とお伝えすると、急に穏やかになられて

『そうか。よろしく。』

と紳士的に。

 

奥様の存在は認知症になられてもずっと大きいようです。

奥様はその話を聞いて、嬉しそうにニコニコしておられました。

 

私も、妻の心の中で大きな存在になれるよう頑張りたいと思いました。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

読んでくださった皆様の中には

パートナーと『手をつなぐ』ことは恥ずかしい、もしくは抵抗があると考えられる方もおられるかもしれません。

 

私も最初はそうでした。

男性の中には、人前で手をつなぐことに強い気恥しさを持つ方もおられると思います。

 

ですが、もしパートナーが手をつないでほしくて、それを求めてきた時には、あなたが勇気を出して応えてあげましょう。

その勇気以上の祝福が、パートナーの喜びという形で返ってきます。

 

結婚していない方なら、好きな人に『手をつなぎたい』と伝えることは勇気がいるかもしれません。きっと恥ずかしいでしょう。

男性なら、女性に『嫌。』って言われたら立ち直れないかもしれません(笑)

 

しかし、両思いでお付き合いしているなら、タイミングを見て自然に手を取ってみてはいかがでしょうか?

あなたの顔は少し赤くなっているかもしれませんが・・・きっと、楽しい時間が待っていると思いますよ。

 

 

読んでくださった皆様に、祝福がありますように。感謝を込めて。