妻のことが大好きすぎる夫のブログ

元・女性不信、現・極度の愛妻家が、自らの経験から得た夫婦円満のための工夫や方法をお伝えします。その他鍼灸情報や様々な経験を書いていく雑記ブログです。

【12通目】あなたがそこにいるだけで

こんにちは、やすさとです。


本日もブログを読んで下さってありがとうございます。

 

皆さんはパートナーと一緒に居るとどんな気持ちがしますか?

 

幸せですか?それとも鬱陶(うっとう)しいですか?

 

人によっては『亭主元気で留守がいい』と言われる方もおられるかもしれませんね。

 

私も、いつかそのことわざを言われないように、頑張ろうと思います(^-^;(笑)

 


さて突然ですが、私は20代の時に、数人の友人が病で亡くなりました。

 

病名は伏せますが、亡くなるにはあまりにも早いと感じました。

 

でも、それも現実でした。受け入れなければなりませんでした。

 

今回は、妻とそんな『死』について話した時間から、感じたメッセージになります。

 

それでは、よろしくお願いいたします。

 

-----------------------------------------------------------

 

妻さんへ

 

 

今日も無事に生きていてくれてありがとう。

 

いきなり変なメッセージかもしれないけど、

今、本気でそう思っています。

 

あなたが元気でいてくれるだけで、

あなたが無事でいてくれるだけで、

 

私は本当に嬉しいです。

 


あなたが、突然死んでしまったら...

あなたが突然いなくなってしまったら...

 

そう考えるだけで涙が出そうです。

 

今、世界中が病と戦っています。

 

たくさんの方が亡くなり、世界中が悲しみや苦しみを受けています。

 

私たちも他人事ではありません。 

 

でも、

 

どうか、妻さんがこれからも無事でありますように祈っています。

 

もし、病にかかっても妻さんが元気になれるよう、できることを全部します。

 

だから、心配しないでください。

 

これからも、ずっと一緒に頑張っていきましょうね。

 

たとえどんなことになっても、私があなたを一生守ります。

 


愛しています。

 


夫より


------------------------------------------------------------

私には、20代の頃とてもお世話になっていた兄貴的な方がいました。

 

しかし、その方は20代のうちに病で亡くなられました。

とても面倒見のよい、皆から慕われている素晴らしい方でした。

本人も結婚を夢見て頑張っておられましたが、病が見つかってから一年も経たぬうちに、天へ召されました。

 

連絡を受けたとき、『早すぎるよ』と泣きました。

 

本当に早すぎて...

 

しかし、私たちの人生はいつ終わるかわかりません。

 

不慮の事故、突然の病、その他原因はたくさんあります。

 

今、世界中に蔓延するウイルスもたくさんの人の命を奪っています。

 

私たちもいつ感染し、人に感染させてしまうかわかりません。

 

そうならないように、最善を尽くしていきたいと思います。

 

妻という最愛の人が、私の不注意で感染して死んでしまったら、私はずっと後悔するでしょう。

 

私は、妻を幸せにすることが生きがいなのです。

 

--------------------------------------------------------

 

読んでくださった方のなかには、

愛するパートナーと一緒に長年過ごしているうちに、

徐々に嫌な面が見えてきたという方がおられるかもしれません。

 

でも、それは本当にパートナーを嫌いになるほど嫌なことですか?

 

私は、妻の欠点が見えないわけではありません。

弱さも苦手なことも知っています。

時々理解できなくて『う~ん?』と首をひねることもあります。

 

しかし、もし今妻が死んだら、その嫌なことは本当に嫌なことなんだろうか?

と考えたとき、それらの欠点は、ストレスのようには感じなくなりました。

 

そして、『△△するのが苦手』とか『○○が食べられない』と言っても『大丈夫だよ』と言えるようになりました。

 

また、よく考えながら妻を見ていくと、今まで見えないところで頑張ってくれている、妻の努力が見えるようになってきました。

 

最初はわかりにくいかもしれません。

 

でも、あなたがパートナーの良いところを探すなら、見えるようになります。

 

パートナーから『何か言われた』り、『嫌なこと』をされると欠点ばかりが目につきやすくなります。

 

人によっては言動で、攻撃(反撃)したくなるかもしれません。

 

でも、そんなときこそ、パートナーの大切さを思い起こしてみませんか?

 

今までパートナーがくれた愛を思い出してみませんか?

 

今、目の前にいるのはあなたの最愛の人ですよね?

 

あなたがもし、感情に任せて攻撃してしまって、

 

そのあと何かしらの理由で、突然パートナーが死んでしまったら、

後悔しませんか?

 

『あのとき、なんであんなことをしてしまったんだろう』

『もっと優しくしておけばよかった』

と考えませんか?

 

今、目の前にいるのは、あなたのために人生を捧げてくれている大切なパートナーです。

 

どうか、パートナーの喜びのために、あなたの時間と、才能と、愛をつかってあげてください。

 

もし、あなたがパートナーを赦して愛を示すなら、

その後あなたに返ってくる喜びは、

パートナーを赦すために使ったエネルギーの何倍にもなって返ってきますよ。

 

 

読んでくださった皆様に祝福がありますように。感謝を込めて。